家で起こる雨漏りの被害~建材の劣化やシロアリ発生を引き起こす~
雨漏り修理後もこれで安心!防水工事で雨漏り対策
工法によっては逆効果?雨漏り修理に向いている工法とは
当日に施工が終わる!特殊なプラスチックを使ったFRP塗装

外壁や屋根材の寿命を伸ばす塗装【塗膜防水塗装の高い効果】

雨漏り修理だけでは安心できない~防水工事で長持ちさせる~

雨漏り修理は、雨漏りの再発を防ぐために防水工事も併せて行なうことが多いものです。この防水工事とはどういうものなのでしょうか。

防水工事の意味や寿命に関するQ&A


防水工事を行なうメリットってなんですか?
建物に防水工事を行なうことで、紫外線や雨水から建物を守ることができます。
どの建物も頑丈な建材で作られていますが、毎日のように紫外線や風雨に晒されていると、徐々にサビやヒビ割れなどの劣化が現れてしまいます。防水工事を行なうことで、こうした過酷な自然からの影響を防ぐことができるのです。
防水工事の種類によって耐用年数は変わりますか?
防水工事は、施工の方法や防水素材によって耐用年数が大きく変わります。
格安で施工ができるシート防水であれば10年から12年、価格の高いアスファルト防水なら15年から20年と、価格によって耐用年数が変わるのです。気をつけたいのが、価格が共に平均的なウレタン防水とFRP防水です。FRP防水は8年から10年、ウレタン防水は10年から12年と耐用年数が異なるため、選ぶ際には注意しましょう。
防水材が寿命を迎えるとどうなりますか?
塗膜防水の塗装が劣化すると、亀裂や排水効果の劣化による水たまりが発生するようになります。これらの症状は雨漏りの原因にも繋がるため、屋根や外壁、ベランダなどに症状が現れた場合はすぐに雨漏り修理の業者に依頼しましょう。

まとめ

男性

種類の違いで寿命が大きく変わります。どんな防水工事をするか選ぶ必要があるでしょう。

TOPボタン