家で起こる雨漏りの被害~建材の劣化やシロアリ発生を引き起こす~
雨漏り修理後もこれで安心!防水工事で雨漏り対策
工法によっては逆効果?雨漏り修理に向いている工法とは
当日に施工が終わる!特殊なプラスチックを使ったFRP塗装

雨漏り修理に最適なウレタン塗料~コスパに優れた塗膜防水材~

よく利用されている塗膜防水

塗膜防水にはウレタン防水とFRP防水の2種類があります。まずはウレタン防水について詳しく見ていきましょう。

施工業者が教えるウレタン防水の良さ

多くの人に支持される塗膜防水です(防水施工業者)

多くのお客様が選ぶ塗料といえば、ウレタン塗膜防水塗料ですね。特徴としては、耐久性が高く値段も据え置きであるため、コストパフォーマンスに優れていることです。さまざまな形状の建物に利用ができるので扱いやすいのですが、きちんと塗装するには技術が必要になります。過去に当社がリフォームを行なったお家では、非常に悪質な防水工事が行われていました。本来の工事なら必ず行なう重ね塗りをせず、劣化箇所へトップコートを塗るだけで留めていたため、工事を頼んだのにすぐ雨漏りが再発してしまったそうです。一見簡単そうな雨漏り工事ですが、きちんと仕上げるには専門的な知識や技術が必要となります。ろくな技術もない悪徳業者に依頼しないよう、信頼できる業者を選びましょう。

雨漏り修理に適した工法を選びましょう(防水施工業者)

塗膜防水の施工法には「密着工法」と「通気緩衝工法」の2つがあります。密着工法は通気性がないため、塗装内部での膨れや破れが起こるため、雨漏り修理には向いてない工法です。通気緩衝工法ならば、塗装内部の通気層によってこうした問題に対処できます。雨漏りの予防対策を行なうなら、ほかにも定期的にトップコートを塗ることがオススメです。紫外線からの影響を防ぐので、塗装を長持ちさせられます。

まとめ

ウレタン塗料のメリットは、工事日数の少なさと塗り重ねによるメンテナンス費用の安さです。業者の作業員も頻繁にウレタン塗料を使っているので、仕上がりも非常によいものとなります。

TOPボタン